WIDEHORIZON 

就活生必見!完全独学TOEIC955点取得勉強法

独学でTOEIC900点突破は可能!具体的な戦略と勉強法を徹底解明

大学生の私が独学でTOEIC 955点を取得した勉強法を徹底紹介

この記事では独学で英会話スクールや高い英語教材を使わなくても、市販の参考書と問題集でTOEIC955点を取得した海外留学どころか、海外旅行さえない、管理人の勉強方法を徹底公開していきます。

 

必要な参考書と問題集

この記事を読んでいるTOEIC900点オーバーを目指している方たちは、おそらくすでに800点以上は取得していると思います。

TOEIC800点以上を取ることができる実力の持ち主であれば、基本的な文法や英単語はすでにインプットされていると思いますので、この記事では文法解説の問題集などは省きます。

 

私が使った参考書は、

1問1題特急シリーズと過去問のみです。

 特に、特急シリーズは私は重宝しています。

リスニング、文法問題、長文問題とそれぞれのパートごとにシリーズ化されているので、自分の不得意分野に絞って集中的に勉強することができますし、値段も手頃で1000円となっています。

ほとんどのTOEICの参考書って無駄に大きくて重いし、値段も2000円以上はしますよね?

特急シリーズはコンパクトで軽く、カバンに入れていても場所をとらないので、マン電車の通勤通学途中でも勉強できるところがかなり役立ちます。

家に帰ると疲れきってしまってなかなか勉強に時間をとれない人が多いと思いますので(と言うか私もそうだったので)、電車の中で効率的に時間を使えいたい人には絶対にお勧めしたい参考書です!

 

反復練習って本当に効果的なの?

「 同じ問題を繰り返し解くことに効果があるの?」

 

こんなことを思う方は大勢いるのではないでしょうか。

この問いへの答えは、YESでもあり、NOでもあります。

 

同じ問題を解く上でしっかりと文法を理論的に理解し、反復練習をするのであれば大いに効果が期待できますが、ただの答えを暗記してしまっているようでは全く意味がありません。

 

その問題の答えを他の人に理論的に説明できるようであれば、その問題を繰り返し解く必要はないでしょう。

類似問題に取り掛かり、自分が本当に理解できているのかを試した方が良いと思います。

 

長文問題を理解するときのコツは不定

長い文章を読むときに話の内容についていけずに、混乱してしまい人は不定詞を理解できていないことが多いです。

不定詞は名詞的用法、形容詞的用法、不定詞的用法の3つに大きく分類され、特定の動詞や前置詞と組み合わせて熟語として使われる場合も数多くあります。

 

この不定詞を完全に理解し、複雑に絡み合っている場合はそれぞれの主語をしっかりと把握していくことが必要になります。

 

このサイトでは実際の特急シリーズ「TOEIC TEST読解特急4 ビジネス文章編」を使って、長文解説をしていきたいと思いますので、まだ購入していない方はぜひ買ってみてください。

 

Day1:問題が手紙形式の場合は、whoとwhatは一瞬で分かる! TOEIC 1問1題特急シリーズ