WIDEHORIZON 

就活生必見!完全独学TOEIC955点取得勉強法

長文問題から先に解くのもアリかも!TOEICは解く順番でハイスコアが狙える可能性大!

f:id:shikiyu:20170811095950j:plain

TOEICはReadingパートは解く順番でハイスコアを狙える可能性が高い!

TOEICをこれまで受験したことがあるかもしれませんが、これから時初めて受験するという方のために、まずはTOEICの試験の流れを簡単に説明します。

 

 

TOEICはListeningとReadingパートに分かれており、制限時間がListeningが45分、Readingが75分の合計約2時間の試験です。

 

まずはじめにListeningを受験者が一斉に解き始めます。

問題はスピーカーから流れてくるので、大学受験のセンター試験のように受験者それぞれにイヤホンが渡されるわけではありません。

 

イヤホンで耳を塞がないので、周りの音が気になって集中できない人はあらかじめ心の準備をしていきましょう。(これは私だけかもしれませんが (笑))

 

ListeningはPart1~Part4の全部で100題、パートごとに傾向が異なりますが、ここでは控えさせていただきます。

 

そして、Readingパートもpart5~part7の合計100題を75分という短い時間で解かなくてはいけません。

 

他の記事でも紹介しましたが、とりわけReadingパートのpart7(長文読解)においては正確さとスピードが試されます。

 

いかに、必要な部分を読み取り、正確な回答をマークするか、ここがTOEICで一番難しいところだと私は思います。

 

では、この75分という限られた時間をどう使えばよりハイスコアを狙えるのでしょうか。

文法問題を先に解くか、長文問題を先に解くか

「順番通りにPart5にの文法問題から解いたけど、試験時間が足りずにpart7を最後まで解き終えることができなかった...」

 

このような経験を持っている人が大多数ではないでしょうか。(かくいう私も過去に3回ほどTOEICを受験し、同じような経験をしたことがあります。)

 

同じ苦い経験をしたことがある私が言えることは、馬鹿正直に順番通りに解く必要はないということです.

 

これは個人差があるので絶対的なことではないですが、TOEICReadingパートをとくパターンは2通り考えられます。

 

パターンA (文法問題が得意、得点源にしたい人)

「Part5、Part6に時間を多く使いたい」

「ここを得点源にしてReadingのスコアをあげたい」

「長文読解はまだ読み込める力がないからとりあえず、文法で点を稼ぐわ」

 

このような人はPart5やPart6から解き始めることをオススメします。

Part5とPart6は合計52問で、TOEIC Redingパートの約半分を占めます。

 

まだ、TOEIC800点以上のハイスコアは狙えないし、そこまでの点数は入らない、という人は文法を得点源にするのはアリでしょう。

 

以前別の記事でも書きましたが、TOEICの文法問題はパターンがあるので対策が比較的簡単です。

 

  • 仕事やサークル、部活で時間がない人
  • TOEIC650~700点を取りたい人
  • Listeningが得意な人

 

上記に当てはまる人は、時間に余裕を持たせて、文法問題から解いていくのがセオリーですね。

 

パターンB(文法問題よりも長文が得意、ハイスコアが欲しい人)

「大学受験で長文読解は嫌という程と対策したから長文は得意!」

「やっぱり狙うなら900点以上でしょ!」

「文法なんて5分で解ける!」

 

こんな人は長文から解き始めると良いでしょう。

文法問題に自信があり、最後の10分ほどで解けるのなら、時間があり、精神的にも余裕のある最初の方に手強い長文を落ち着いて解けるのは大きなメリットです。

 

私もTOEIC930点、955点を取ったときは長文から解いていました。

 

ただし、注意して欲しいのがこのやり方はデメリットもあるということです。

 

「長文問題につまづいてしまい、予想外に時間を取られてしまった。」

「長文の方が気になって文法に集中できない...」

 

など、メンタルが弱い人、気持ちの切り替えができない人はパターンBのやり方はしない方がいいかもしれません。

 

「Part7の長文読解でわからない問題があっても引きづらずに、最後まで解ききることが目標。」

 

自分のTOEIC試験に向けての目標が上に当てはまるのなら、パターンBはぜひ試してみてください。

 

さて、今回はTOEIC対策の中でも時間配分にフォーカスを当ててきました。

誤解して欲しくないのは、これはあくまで管理人が試した一例という意味です。

 

時間配分の試験対策は個人で差があるので、練習問題を解いたりしながら自分の最適なやり方を模索してください。

 

TOEICは一度失敗しても何度でも受けることができます。

本気でハイスコアを狙うなら、毎月試験を受けてみるのもいいかもしれません。(TOEFLは一回の試験で約3万円ほどかかるので、それに比べれば受験料もお手頃ですよ)